読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイッチサイエンスのMicro:bit互換機を使ってみた

BBCが小学生に無料で配っているらしいMicro:bit互換機を手に入れたので、一通り触ってみたレビューです

本家: https://www.microbit.co.uk/

BBC-micro-bit
flickr

互換機

Micro:bitはイギリスのBBCが作ったもので、4cm×5cmの大きさのボードで、中身はCortexM0。 電池やUSBで動作するmbedな開発ボード。

Arduinoやmbedを使ったことがある人なら、そういうものの一種だと思ってもらえると。

ただし、micro:bitにはデフォルトでたくさんの入出力がついている。

  • 5×5のマトリクスLED (アルファベットも出せる)
  • Aボタン、Bボタン
  • コンパス(地磁気センサー)
  • 加速度センサー
  • BLE

特徴的な下側のエッジコネクタには、ワニ口クリップがつけやすいように大きなコネクタが5つついている(3つがGPIO、3V,GND)。小さいコネクタもそれぞれれGPIOとつながっている。

本家Micro:bitはイギリス仕様のため、日本の技適は通っていない。
そこでこの互換機です。

http://mag.switch-science.com/tag/microbit/

あのスイッチサイエンスが作っているものです。
モニターを募集していたので、ダメもとで応募したらなんと当選した。 ということで、僕の手元にMicro:bitの互換機がやってきたということです。

どうやらこれは来たる8/6, 8/7のMakerFairTokyoにて販売されるらしいので、この記事を見てほしくなった人は、予定と財布の準備をしておくとよいと思います。

Getting Started

プログラミングから実行までの流れがとてもスムーズだったので、その感動をお届けしようと思います。(micto:bitを持っていなくてもシミュレーターで遊べるので、暇な人は手順を追ってみてください)

まずはこちらにアクセス
https://www.microbit.co.uk/app/


「Create Code」をクリックすると、何でプログラムを書くか選ぶことができます。

  • JavaScript
    • JSでも書けるらしい。
  • BlockEditor
    • おすすめ、Blockyのようなビジュアルプログラミング環境でプログラムが作れます。 今回はこれを使ってみる。
  • TouchDevelop
    • まだ試していないけどMicrosoftのプログラム支援Web開発環境 これもおすすめ
  • MicroPython
    • Pythonでも書けるらしい

BlockEditorをクリックします。

それっぽい画面が出てきます。
あとは、ブロックを並べていきます。

試しにこんな感じ。

「run」をクリックすると、シミュレーションが動きます。



(実際はアニメーションしています)


よさそうなら、いよいよ書き込み。
「complie」をクリック おもむろにファイルのダウンロードが始まります。

  • Micro:bitをUSBでパソコンに接続すると、USBストレージが現れます。
  • 先ほどダウンロードしたファイルを、そのUSBストレージにコピーします。
  • 少し待ちます。
  • 書き込み完了です。



(実際はアニメーションしています)


すごい簡単!

ざっと感想

LED、加速度センサー、地磁気センサー、ボタン、BLE、などが初めからついているArduinoという感じ。
BlockEditorも簡単。とにかく手軽に始められる電子工作環境だと思いました。

Arduinoでもツールを組み合わせれば近いことはできるけれども、それがデフォルトでいきなり使えるというところがMicro:bitの強みかなと思いました。( https://developer.mbed.org/platforms/Microbit/ )

また中身はmbedなので、普通にmbedのIDEを使ってより複雑なプログラムを作ることもできるため、一通り遊んで、さらに踏み込んだことがやりたくなったときも、そのまま使い続けることができるというのも良いと思いました。

ともかく何もかも簡単なので、プロトタイピングはまずMicro:bitでやってみる、というのはありだと思いました。